二人暮らしをするにあたってまず揃えるもの

二人暮らしを始めるカップル

二人暮らしをするにあたって先ず行わなければならないのが部屋探しです。

場所や利便性の高さ、部屋数などの広さで必要になってくる初期費用は異なってくるので、二人暮らしのパートナーと相談しながら予算に応じた部屋や条件の合う部屋を探すと良いでしょう。一般に家賃の6ヶ月分が新居を借りるのに必要な初期費用ですので、ここが最大の出費となるのが一般的です。

 

無事に部屋を借りることができたら、そこで生活していくための物品や家具、電化製品などを購入して揃えていくことが必要になってきます。家電・家具が初期費用の中で次にお金のかかるものです。

 

実は、家電や家具はレンタル品があります。半年や1年、2年など短期から、長期でも借りられますので、徐々にお金が貯まるまでは、借りておいて、というのがおすすめです。こうしたレンタル業者は意外とたくさんあるのですが、やはりおすすめは家電・家具レンタル最大手のひとつかしてどっとこむ

 

家具・家電のレンタル比較。短期・長期、それぞれのおすすめ業者は…
家具・家電のレンタル比較。短期・長期、それぞれのおすすめ業者は…
http://www.kadenkagu-rental.com/l

 

かしてどっとこむについては、上記サイトで口コミなどを紹介しています。そのほか、おすすめのレンタル業者も比較しているので参考にしてみてください。

 

先ず、すぐにでも揃えておきたいのがトイレットペーパーや石鹸類などの消耗品です。
また、毎日外食をするのであればあまり必要はありませんが、初期費用を抑えるためにも自宅で調理することができるように鍋や調味料なども一通り揃えておくと良いでしょう。
カーテンがついている部屋なら良いのですが、ほとんどの部屋はカーテンはついていないことが多いです。
外から部屋の中が丸見えになったり、日光を遮るといった意味でも早めに取り付けておく必要があります。二人暮らしの生活が丸見えというのはちょっと怖いですよね。

 

また二人暮らしは一人暮らしと違って洗濯物も倍に増えてしまうので、頻繁に洗濯機をまわすことになります。生活必需品でもあるので、あったら便利な家電製品ともいえるでしょう。

 

二人暮らしでお互いに毎月収入があるのなら、この程度は無理なく揃えることができるはずです。

同棲したい! 費用はどのくらいかかる?

恋人とつきあっていると、もっと一緒に長い時間を過ごしたいと思うようになります。
その場合、二人暮らし、つまり同棲したいという事になりますが、どれぐらいの初期費用や生活費がかかるのだろうと疑問に思ってしまう人も、数多くいるはずです。同棲をスタートさせる前に、どれぐらいの費用がかかるのか、しっかりと把握しておくことがとても大切です。

 

まず、家賃がかかります。どちらかが今まで住んでいた所で一緒に暮らすのであれば、家賃を折半して払うことになります。もしも持ち家の場合は、相当の家賃として払うのか、まったく払わないのか、きちんと話し合っておかなければいけません。水道光熱費も必要になってきます。こちらも折半することが一般的ですが、一人人数が増えたからと言って大幅に増えるものではないため、どちらかの負担になることも考えられます。二人暮らしですので、食費はかなり増えることになります。

 

その他、費用として考えなければいけないものは、生活していくための道具です。調理道具、洗面道具、寝具、家具、電化製品など、様々なものが必要になってきます。二人とも実家暮らしで新しく同棲して生活を始めるのであれば、尚の事、初期費用がかかると考えた方がよいでしょう。生活のための道具一式を揃える必要があるためです。

おまけ動画 ふたり暮らし 第02笑